当サイトはエロ情報を専門に記事を無料で公開しているサイトです。

エロ情報専門サイト ピンクマガジン

芸能界の裏側を描くエロアニメ「手垢塗れの天使」

手垢塗れの天使 強くしぶといアイドルの裏の顔を知るアドベンチャーゲームとして人気を集めた作品
「手垢塗れの天使 THE ANIMATION」がエロアニメとしても発売されました。
メインヒロインである、新人アイドルとしてデビューした如月嶺衣奈は、
アイドルの仕事がなかなか上手く行かない事に思い悩んでいました。
他のアイドルと比べてもそこまで差はないはずなのに仕事が0本とはいかなるものかと、
事務所のプロデューサーに詰め寄ります。
そんな彼女を見たプロデューサーは嶺衣奈にもうひとつの道を提示しました。
芸能界を華々しく生きるため、
嶺衣奈はその身を捧げていく事になるのです。
そういった内容の為、ヒロインは芸能関係者と肉体関係を結ぶのですが、
当然それを好んでやっていくわけではありません。
それを上手く表現したのが、副音声システムと裏の顔システム。
Hシーンの最中、男たちには聞かせることのできない彼女の本音と、
その表情を見聞きすることが出来るシステムはゲーム中でも人気のシステムでした。
例えば有名企業の重役を務める男とのセックスシーンでは、喜んで感じているよう演じますが、
裏の顔では「痛いんだから余計なことしないで!」と怒る副音声が聞けたりでき、
まるで2つのストーリーがあるかのように楽しめます。

手垢塗れの天使の内容

★芸能界で生きていくためにヒロインがとった行動とは
子供の頃からずっと夢だったアイドル。
芸能界で華々しく舞台に立ちたい嶺衣奈は、
どうしても仕事がほしい一心で有名企業の重役の男に身を捧げます。
ある時は玩具を挿入されたまま握手会に出され、
ファンの男性に「震えてるけど大丈夫?」と声をかけられ、
「はじめての握手会で緊張しちゃって」と頬を赤らめながら答えるその姿がとても健気です。
芸能界で生きていくため、仕事をもらうために重役の男にくちで奉仕をし、
ついには体の全てを捧げてしまいます。
これが本当に彼女にとってなりたかった自分であるのかを考えると、
少し哀れにも思えてしまい、
けれどもこれも生きる道なのだと覚悟するヒロインの努力が涙ぐましいです。

★本物のアイドル登場で焦りを感じていくヒロイン
おかげで順調に仕事をもらうことが出来た嶺衣奈ですが、
グラビアの撮影中、もっとインパクトがないと駄目だ、
とただでさえギリギリの水着を着せられたまま撮影をしているのに、
その指示はどんどん過激になり、
上を脱いで手ブラにされ、しまいには「努力しないと」と言われ、
重役の男とカメラマン2人に奉仕することになってしまいます。
これからも仕事が欲しいなら仲良くなっておいた方が良い、
というカメラマンに後ろの処女まで捧げることになり、
最終的には重役によって前にも挿入され3Pのシーンも魅せてくれます。
仮にもアイドルが白目を向けて絶頂してしまう描写は興奮間違いなしのシーンです。
しかしここまで努力をしたのに、
出来上がった雑誌の表紙は嶺衣奈ではなく他のアイドルが飾っていました。
その子は本物のアイドルだ、というプロデューサー。
焦りを感じるヒロインは、それでも自分のやり方で芸能界を生き抜こうと決意するシーンが、
とても健気なエロアニメでした。